ウサギの日常~行動について~

特徴

耳が長くて非常に大人しくて飼いやすいと
人気のウサギの日常や行動についてご紹介します。

普段は草食で、草や木の葉や果物などを食べますが、
昆虫を食べることもあります。
声帯を持たないため言葉を使わないコミュニケーション方法を使うのです。

足でダンダンと地面を踏む「スタンピング」が一番有名です。
ちなみにこのスタンピングをしている時は
機嫌が悪かったり敵が近づいてきている時にします。
視野が非常に広く両目で約360度見えますが、
視力がいいというわけではありません。

大きくて長い耳ですが、見た目通り遠くの
音や広範囲の音を聞くことができます。

ですから、ウサギの近くではあまり大きな声を出したりしないようにしましょう。

またにおいにも非常に敏感で、ウサギは非常にデリケートな動物です。
ちょっとした高さから落ちてしまうと
すぐに骨折してしまいますしストレスにも弱いです。
ですので触りすぎてはいけません。

ウサギの感情

怒ったり叱ったりして不安にさせてしまうのも寿命を縮めてしまいます。
なついてもらうためには時間をかけて、
ゆっくりコミュニケーションをとっていき安心させましょう。

犬や猫のように丈夫ではないので、飼う時はそこを理解しなければなりません。
普段はとても大人しく、犬や猫のように表情や言いたいことがわかりにくいウサギですが、
実はよく見るとちょっとした行動で気持ちを表しています。

例えばしっぽを振ってる時は犬と一緒で嬉しい時で、
また飛び跳ねたりした時も嬉しい時が多いです。

舐めてきたり近寄ってきたりした時は甘えたい時で、
ウサギは構われすぎるのは嫌いですが、
優しくされるのは大好きな動物です。

「ウサギはさびしいと死んでしまう」は決して大げさではなく、
甘えてきた時はかまってあげましょう。
グルーミングしてあげるのもウサギにとってよいスキンシップになります。

しつけ

ウサギの知力は割と高く、飼い主の名前等は教えたら覚えてくれますし、
トイレの場所も覚えてくれます。

ですから、根気強く教えて覚えてもらいましょう。
ウサギの歯は一生伸び続けるそうです。
しかもちょっと噛み合わせが悪くなるとすぐに体調も悪くなってしまいます。

ですから、かじり木を用意してあげたり、伸びすぎ?と思ったりちょっと
でも食べ方等がおかしいと思ったらすぐに病院等で
歯を切ってもらう等治療をしてもらいましょう。

とっても可愛く愛らしいウサギをもし飼う時は
ゲージやしっかり準備をして、愛情を持って接してあげて下さい。

コメント投稿は締め切りました。