ウサギの気持ちを察する

ウサギの気持ちを理解しよう

ウサギと日々接していると、だんだんともっとウサギの気持ちを理解したいと思うようになる方も多いと思います。
ウサギは言葉を話すことはできませんが、様子を見ていると気持ちを察することができるのです。

これは人とのコミュニケーションでも大切ですよね。
言葉には出さないけれど、察してほしいと思うことは誰しもあると思います。
私も周りの人との人間関係ではよくこうしたことがあり、察してほしいこともありますし、察してあげたいこともあります。
ただ、100パーセントしっかり察したりできているかというところはちょっと微妙ですね。
もっと気持ちを察することができるようになりたいと思います。

人でもこのように察することは難しいこともありますが、ウサギの気持ちを察するのも少し難しい面があります。
どういったことを意識すると、よりウサギの気持ちを察することができるのかをご紹介します。
これであなたもウサギと分かり合えるようになるかもしれませんよ。

ウサギの気持ちを察するには、理解する姿勢が大切

ウサギの気持ちを察したいと思ったら、ウサギの気持ちをまずは理解しようと努めることが大切です。
人間関係でも、まずは相手の方を理解しようとする姿勢がないとなかなか気持ちを察することができないのではないでしょうか。
ウサギでもこれは同じことが当てはまるのです。
私はタローさんの気持ちを察したいため、日々より気持ちを理解するようにしています。

気持ちを理解したいと思って愛情を持って接していると、だんだんと察することができるようになってくるのです。
今はお腹が空いているんだ、とか、今はちょっと眠たいのかもしれないということが分かるようになってきて、以前よりもさらに愛着や親近感が湧いてきています。

これはすぐにはできるようにならないかもしれません。
ですが、毎日気持ちを理解しようと頑張っていると、きっとウサギとコミュニケーションができるようになるはずです。
私も最初は全く理解することができず、そのときにはどうしてだろうといつも考えていました。
ですが最近はとても察することができるようになっている気がしますし、タローさんも私のことを飼い主として認めてくれている気がします。

私は初めて理解し合えていると感じたとき、それこそウサギのように飛び跳ねてしまいました。
そのため、日々の継続がとても大切なのです。
ぜひ頑張ってほしいと思います。

気持ちを察することができると毎日楽しい

このように、ウサギの気持ちを察することができるようになるとよりウサギと密なコミュニケーションができるようになります。
そのため毎日がさらに楽しくなりますよ。
私もこれからもタローさんをさらに理解していきたいと思います。

コメント投稿は締め切りました。